元海兵隊員、火星で17年間過ごし、植民地を防衛していたと主張…米国


mars

米国の元海兵隊員が「火星で17年間過ごした」と主張していることがわかりました。英紙ミラーが報じました。

元海軍歩兵のキャプテン・ケイ氏(仮名)は、地球人の5つの植民地を火星の原住生命体から守るため、火星に派兵されたと主張しています。

キャプテン・ケイ氏は、火星で過ごした後、3年近く秘密の宇宙艦隊での任務にもついていたといいます。この宇宙艦隊は、地球防衛軍と称する多国間機構によって運営されており、米国、ロシア、中国などから軍人を採用しているそうです。

キャプテン・ケイ氏が ExoNews TV に証言した話によると、彼は3種類の宇宙戦闘機と爆撃機の飛行訓練を受けたとのこと。この訓練は、月面秘密基地「ルナ・オペレーション・コマンド」、土星の衛星タイタン、そして深宇宙で行なわれました。

20年間の任務を終えてキャプテン・ケイ氏は退役。月面で行なわれた引退式を主催したVIPの中には元国防長官のロナルド・ラムズフェルド氏も含まれていたとしています。

ソース:Mirror

32 件のコメント

コメントをどうぞ。名前欄は省略できます。

メールアドレスが公開されることはありません。