ウォルマートで売っているアイスクリームサンドは夏の屋外に12時間放置しても溶けない


meltproof_ice_cream_01

オハイオ州シンシナティに住むクリスティー・ワトソンさんは、ある日、ウォルマートで買った「グレートバリュー」というアイスクリームサンドを子供に与えました。

そのアイスは、食べられることなく、中庭のテーブルの上に放置されていました。翌朝それを見つけたクリスティーさんは、ショックを受けました。

なんと、アイスクリームサンドが、溶けずに残っていたからです。気温27℃の屋外に12時間も置かれていたのに、アイスクリームサンドは形をとどめ、かたさも残っていました。

クリスティーさん「とても不気味でした。アイスの箱を確かめましたが、もちろんアイスは作り物ではなく、アイスクリームだと書かれていました」

クリスティー・ワトソンさん

クリスティー・ワトソンさん

シンシナティの地元メディアは、アイスクリームを日中の屋外に30分間放置する実験を行ないました。実験には、ウォルマートのグレートバリュー・アイスクリームサンド、クロンダイクバーのアイスクリームサンド、そしてハーゲンダッツのカップアイスを使いました。

実験の結果、ハーゲンダッツのアイスはすぐにドロドロに溶けました。クロンダイクのアイスもだいたい溶けました。ウォルマートのアイスクリームサンドはほとんど溶けず、サンドイッチの形をとどめていました。

ウォルマートのアイスの原料の中で、ハーゲンダッツで使われていなかったのは、コーンシロップ、グアーガム、セルロースガムでした。ガム類は、粘度調整、安定剤として使用されています。

ハーゲンダッツは1個3ドルと高価ですが、ウォルマートのアイスクリームサンドなら、同じ値段で1ダース買うことができます。

meltproof_ice_cream_02

ソース:WCPO

3 件のコメント

コメントをどうぞ。名前欄は省略できます。

メールアドレスが公開されることはありません。