巨大クロコダイルがサメを捕食する瞬間


Brutus_with_the_shark_01

サメとワニが闘ったらどちらが勝つでしょうか? オーストラリアではワニに軍配が上がったようです。

カカドゥ国立公園地域を流れるアデレード川で、「ブルータス」と呼ばれる体長5.5メートルの巨大クロコダイルが、サメを捕食する瞬間が撮影されました。

アデレード川では、船のまわりに寄ってきた野生のワニに肉片を投げ、ワニがジャンプして肉に食いつくのを観察するツアー「ジャンピング・クロコダイル」が人気です。ワニがサメを食べる瞬間を撮影したのは、家族とともにこのツアーに参加していたアンドリュー・ペイスさん(43歳)。ワニに肉を与え終わって帰ろうとしていたとき、ブルータスがサメを捕食している場面に遭遇しました。

ペイスさん「サメはまだ生きていて、身をくねらせていました。クロコダイルは獲物を確保するためにマングローブの茂みの中へ泳いで行きました」

ブルータスは推定年齢80歳の巨大クロコダイル。前足1本が欠損しており、これはかつてサメと闘ったためと考えられています。

Brutus_with_the_shark_02

アンドリュー・ペイスさんと家族

アンドリュー・ペイスさんと家族

ソース:Daily Mail

4 件のコメント

コメントをどうぞ。名前欄は省略できます。

メールアドレスが公開されることはありません。