ごめんなさい間違えました…ドイツの町の歩道に「カギ十字」模様がつくられる


swastika

ドイツ・ニーダーザクセン州ゴスラルの町で、歩道にタイルを敷き詰めた建設会社が非難を浴びています。

タイルの模様の中に、ナチスのシンボルである「カギ十字」が見つかったためです。ドイツでは、ナチスのシンボルマークの使用は、いかなる場合であっても禁止されています。

カギ十字マークが作られたのは、町の中心部にある商店街の歩道でした。買い物客がすぐにこれを発見して警察に通報。現場に駆けつけた警察は、それが確かにカギ十字であると認めました。

警察では、カギ十字が故意に作られたのかどうかは判断できないとしています。

建設会社は、カギ十字はわざと作ったわけではなく、うっかりミスだったと釈明しています。

市議会は、カギ十字を覆い隠した上で、ただちにタイルを並べ変えるよう建設会社に命じました。カギ十字はすでに撤去されたということです。

the_scene

ソース:Daily Mail

こちらの記事もどうぞ!

3 件のコメント

コメントをどうぞ。名前欄は省略できます。

メールアドレスが公開されることはありません。