【英国】妖精の森に「妖精のドア」が大量に出現…当局は撤去に乗り出す


fairy_door_01

英国サマセット地方の森で、木の根元に「妖精のドア」が大量に取り付けられているのが見つかり、問題になっています。

「妖精のドア」を開けると、中には妖精のための小さなベッドが置かれています。子供たちが妖精にあてて書いた手紙が入っていることも。ほほえましい話ですが、ドアの数が増えすぎたため、森林保護の観点から当局はドアの撤去を開始しました。

ウェイフォードの森で「妖精のドア」が最初に見つかったのは2000年のことで、うわさが広まり「妖精の森」と呼ばれるようになりました。その後ドアの数は増え続け、昨年は200個以上が見つかっています。1本の木にドアが10個取り付けられていた例もあるとのこと。

誰が「妖精のドア」を作っているのかは明らかになっていません。一部のドアは見物に訪れた観光客によるもののようです。

森林管理人のスティーブン・エーカーマン氏の話…
「今では森のいたるところにドアがあります。私たちは妖精が嫌いなわけではありませんが、このままでは収拾がつかなくなってしまいます。制限を加えない限り、森は妖精のドアに埋め尽くされるでしょう」

fairy_door_02

fairy_door_03

fairy_door_04

ソース:Daily Mail

こちらの記事もどうぞ!

6 件のコメント

コメントをどうぞ。名前欄は省略できます。

メールアドレスが公開されることはありません。