シリコンバレー上空の「超音速UFO」 無人機の4Kカメラが捉える


シリコンバレー上空80メートルを飛行していた4Kカメラ搭載の無人機が、超音速で動くUFOを撮影していました。

3月7日、YouTubeに投稿された動画の長さはわずか4秒。あっという間ですが、よく見ると、白い点のような飛行物体が、画面右から左へとすごい速さで移動していくのがわかります。

ある視聴者の試算によると、この物体は2秒間で約1マイル(1600メートル)の距離を移動しており、時速2890キロ、つまり音速の2.4倍程度のスピードがでているとのこと。

昆虫、弾丸、CG映像、何らかの反射ではないかなど、様々な見方が出ていますが結論は出ていません。なお、撮影に使用された無人機は中国DJI社の「Inspire 1」だそうです。

ufo4k

ソース:The Inquisitr News

3 件のコメント

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。