火星で核爆発か? 「キノコ雲」が撮影される


mushroom_cloud_01

mushroom_cloud_02

火星では異星人による核戦争が起きているのでしょうか?

インドの火星探査機が、核爆発の「キノコ雲」のように見える奇妙な映像を撮影しました。画像は、火星の衛星軌道上から、マリネリス峡谷の一部を写したもの。撮影時期は、昨年の10月19日で、サイディングスプリング彗星が火星に最接近したのと同じ日でした。

一部のUFO論者は、この画像が火星での核爆発の証拠であるとしています。

一方、豪州サザンクイーンズランド大学の天文学者ジョンティ・ホーナー博士は、問題の画像について、クレーターと溝の地形が光の加減でキノコ雲のように見えただけだと指摘しました。

mushroom_cloud_03

火星で核戦争があったという主張は以前からありました。プラズマ物理学者のジョン・ブランデンブルク博士は、火星大気中に存在する放射性物質を分析した結果、「火星文明はエイリアンの核攻撃によって滅んだ」とする学説を昨年11月、米国物理学会で発表しています。

ソース:Daily Mail

15 件のコメント

コメントをどうぞ。名前欄は省略できます。

メールアドレスが公開されることはありません。