スペースシャトルには「身長3メートルの巨人宇宙飛行士」が乗っていた…元NASA技術者が証言


スペースシャトル「コロンビア」のコックピットで写真撮影するマクレランド氏

スペースシャトル「コロンビア」のコックピットで写真撮影するマクレランド氏

スペースシャトルには、正規の乗組員と混じって、身長3メートル近くある「巨人の宇宙飛行士」が乗っていたとのこと。元NASA技術者のクラーク・マクレランド氏が証言しています。

マクレランド氏は、宇宙航空技術者として、1958年から1992年までの35年間NASAに勤務。フロリダ州ケープ・カナベラルのケネディ宇宙センターで、スペースシャトルの極秘ミッションをモニターしていたとき、シャトル船内に「巨人の宇宙飛行士」が立っているのを目撃したと主張しています。

証言によると、「巨人の宇宙飛行士」は身長2メートル70センチほどあり、シャトル内の観測機器室でロープに係留された宇宙飛行士2名と一緒にいたとのこと。マクレランド氏はこの様子をケネディ宇宙センターの発射管制室にある27インチスクリーンで見ており、映像は1分7秒間続いたといいます。

また、これとは別のときに、スペースシャトルの後方にUFOが近づくのも目撃したとのこと。

マクレランド氏は、巨人宇宙飛行士について、スペースシャトルのミッションに参加していたエイリアンだったと主張。「エイリアンは人間にまぎれて地球で暮らしている。彼らは各国政府の中にも入り込んでいる」と話しています。

一方、マクレランド氏が本当にNASAの職員だったのか疑わしいと、懐疑的に見ている人もいます。

スペースシャトル内にいたとされる巨人の宇宙飛行士(再現映像)

スペースシャトル内にいたとされる巨人の宇宙飛行士(再現映像)

スペースシャトルに近づくUFO(再現映像)

スペースシャトルに近づくUFO(再現映像)

ソース:Mirror

こちらの記事もどうぞ!

2 件のコメント

コメントをどうぞ。名前欄は省略できます。

メールアドレスが公開されることはありません。