ロシアで人面羊が生まれ、サーカスに高値で売られる


ロシア南部のダゲスタン共和国で、人面羊が生まれました。

羊飼いのブラシウス・ラブレーンチエフさん(45歳)は、雌羊が身ごもっていることに気がつき、とてもよろこんでいました。子羊が生まれれば、ラム肉として売れるので、家にお金が入るからです。

ところが、いざ子羊が生まれてみると、ラブレーンチエフさんはショックを受けてしまいました。子羊には人間の顔がついていて、ラブレーンチエフさんをじっと見ていたからです。

人面羊はすぐに地元で評判になり、近所の人たちは「おじいさんの顔に見える」「怒っているみたい」などと噂し合いました。地元の獣医は「ビタミンAを与えすぎたためではないか」と言います。

ラブレーンチエフさん「親羊は普通の羊なのに。どうしてこんな奇妙な羊が生まれてしまったのか。わけがわかりません」

ところが、がっかりしていたラブレーンチエフさんのもとに、朗報が届きました。地元のサーカス団が人面羊を高値で買い取りたいというのです。サーカス団は普通にラム肉として売るときの10倍の値段を提示しているそうです。

ラブレーンチエフさん「この羊はなかなか美しい姿をしていますね。ラム肉なんかにするつもりはまったくありません」

human-face-lamb-01

human-face-lamb-02

human-face-lamb-03

ソース:Mirror

7 件のコメント

コメントをどうぞ。名前欄は省略できます。

メールアドレスが公開されることはありません。