シベリアでUFOが爆発


爆発現場で見つかった金属片、UFOの残骸か

爆発現場で見つかった金属片、UFOの残骸か

東シベリア南部の都市チタ郊外の村で、先週の火曜、UFOが爆発したとのこと。上空から何かが落ちてくるのを見たという人もいます。

謎の物体の爆発はウグダン村で起きた模様で、村人のウラジミール・ミロバノフさんは、地元のテレビ局に対して「午前11~12時頃に爆発音がして、大きな黒い煙の柱を見た」と話しています。

この爆発による負傷者はなかったものの、付近の建物に若干の被害が出ています。

警察は、爆発跡にできたクレーターから金属片を回収し、検査に回しました。

総務省の担当官は「物体の特定はできなかった。それは何にも似ていない。考えられる仮説の1つはガス気球の爆発だ」とコメントしています。

ウグダン村周辺の風景(Googleストリートビュー)

ウグダン村周辺の風景(Googleストリートビュー)

ソース:Sputnik

こちらの記事もどうぞ!

2 件のコメント

コメントをどうぞ。名前欄は省略できます。

メールアドレスが公開されることはありません。