【インド】口が5つある子牛が生まれる


インドで、口が5つある子牛が生まれました。

5つの口のうち、2つを使って、お母さん牛のミルクを飲むことができるとのこと。

この牛は、インド北部、ハリヤナ州ナルナウルの農場で生まれ、いまも生きています。ヒンドゥー教の神話でシヴァの乗り物とされる牛の名前にちなんで「ナンディ」と呼ばれ、参拝者が絶えないということです。

人々はナンディの前でひざまずき、ナンディのひづめに触ろうとします。

地元の獣医「ナンディは、こんな外見ですが、健康であり元気に育っています。ただし、両目の位置が正常でないため、前を見ることができません。目の色は一方が青、もう一方が黒です」

five_mouths_calf_01

five_mouths_calf_02

five_mouths_calf_03

five_mouths_calf_04

five_mouths_calf_05

ソース:Daily Mail

4 件のコメント

コメントをどうぞ。名前欄は省略できます。

メールアドレスが公開されることはありません。