絶滅危惧種のオウムがペットボトルに詰め込まれた状態で見つかる…インドネシア


cockatoos_in_bottles_01

インドネシアの都市スラバヤにあるタンジュン・ぺラック港で、絶滅危惧種の「コバタン」24羽以上が、ペットボトルに詰められた状態で発見されました。密輸業者が税関を通過するために隠そうとしたものです。鳥たちは、ペットボトルを切り開いて救助され、治療を受けているということです。

コバタンは、2007年に、国際自然保護連合(IUCN)によって絶滅危惧種に指定されたオウムの一種で、体長30~70センチくらい、頭に黄色い冠のような羽毛があるのが特徴です。インドネシアの森林地帯に生息していますが、森林伐採と密猟で年々減少し、現在の個体数は7000羽にまで減っていると報告されています。密輸業者の間では1羽12万円程度で取引されている模様。

インドネシアでは、年間1万羽以上のオウムが違法な野生動物取引のために捕獲され、そのうち約40%が劣悪な状況下で輸送中に死亡しているとみられています。

cockatoos_in_bottles_02

cockatoos_in_bottles_03

cockatoos_in_bottles_04

ソース:Daily Mail

28 件のコメント

コメントをどうぞ。名前欄は省略できます。

メールアドレスが公開されることはありません。