【米国】ネコに似た未確認動物に遭遇


cryptid-pennsylvania

米国ペンシルバニア州の森の中で、若い男女が「ネコに似た未確認動物」に遭遇。その姿をiPhoneで撮影しました。

メリーランド州の技師リチャード・デイビスさん(24歳)とその婚約者は、森の中を車で走っているときに、その動物に出会いました。

デイビスさん「動物は車にびっくりしていました。私が車を止めると、こっちに顔を向けました」

最初はキツネだと思ったそうです。キツネのように尻尾がふさふさしていたからです。しかし、顔を見るとキツネではなく、ボブキャットの顔でした。デイビスさんは、もっとよく見ようと思い、車を降りました。

「動物との距離は20ヤード(約18メートル)ほど。写真は、私のフィアンセが、車内から撮りました」

2枚の写真に撮られた動物は、毛の長いネコのように見えます。通常のボブキャットと比べると、毛の色が明るく、尻尾の形が違っています。デイビスさんは、この地域でボブキャットもピューマも見たことがありますが、この動物はそれらとは違っていたと話します。

「ネコ科の野生動物であることは間違いありません。動きはネコそのものでした。写真からは分かりにくいですが、顔はボブキャットそっくりで、キツネのような尻尾が生えていました。それで、顔を見るまでは、キツネだと思ったんです。体長は、尻尾の長さをいれずに、60センチくらいでした」

「私は何を見たのでしょうか?」

cryptid-2-pennsylvania

ソース:Cryptozoology News

16 件のコメント

コメントをどうぞ。名前欄は省略できます。

メールアドレスが公開されることはありません。