タイムトラベラーか? 17世紀の絵画にスマホをいじる女性の姿が描かれる


iPhone1670

17世紀の絵画の中に、スマートフォンらしき物体をいじっている女性の姿が描かれていることが分かった。タイムトラベラーの未来人がこの時代を訪れていた証拠ではないかと話題になっている。

問題の絵画は、オランダの画家ピーテル・デ・ホーホが1670年に描いたもの。手前に立っている女性がスマホをいじっているように見える。メールをしているのか、あるいは、イスに座っている女性をカメラで撮影しているところかも知れない。

アップル社のCEO、ティム・クック氏は、この絵を見た後、次のようにコメントした。

「iPhoneをいつ誰が発明したのか、自分は知っていると思っていた。しかし今ではよく分からなくなっている」

iPhone1670-2

ソース:Disclose.tv

こちらの記事もどうぞ!

23 件のコメント

ては にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。