地球平面説を実証するため南極に科学調査隊を派遣


flat_earth01

地球平面学会(The Flat Earth Society)のメンバーは、南極に調査隊を派遣し、地球が球形ではなく平面であることを証明するための科学的調査を実施すると発表した。調査計画は「コペルニクス・プロジェクト」と命名された。

同学会によると、地球は北極を中心とする円盤型の平面体であり、「南極」と呼ばれている領域は円盤の外周を囲む高さ45メートルの氷の壁であるという。

一方、球形の地球を写した衛星画像などは、NASAと各国政府を中心とする「球形陰謀論者」によるねつ造であると主張している。

flat_earth02

TEAM PLANS SCIENTIFIC EXPEDITION TO ANTARCTICA TO ‘PROVE’ THE EARTH IS FLAT

こちらの記事もどうぞ!

17 件のコメント

コメントをどうぞ。名前欄は省略できます。

メールアドレスが公開されることはありません。