室戸岬沖で深海魚105匹 「海域に異変か」と専門家


高知県・室戸岬沖の定置網に22日、生態がほとんど分かっていない深海魚「ホテイエソ」が105匹入り込んでいるのが見つかり、うち1匹は生きた状態で捕獲された。21日にも9匹見つかったばかりで、専門家は「海に何らかの異変があったのでは」と指摘する。

付近の海洋生物の生態を調べているNPO法人「日本ウミガメ協議会」(大阪)によると、網は地元漁師が沖合約2キロ、深さ約70メートル付近に仕掛けた。体長は10~25センチくらい。生きている1匹は協議会が保管しているが、だいぶ弱っているという。

ソース:47NEWS

深海で何が起こってるんでしょうか。不気味ですね・・・

1件のコメント

コメントをどうぞ。名前欄は省略できます。

メールアドレスが公開されることはありません。